1. 赤外線サーモグラフィカメラ InfReC H8000の発売

ニュースリリース

2013年8月23日


冷却型センサ搭載 超高性能ハイエンドモデル

赤外線サーモグラフィカメラ
InfReC H8000の発売

〜 非冷却型カメラでは捉えられない領域の先端研究開発に 〜


赤外線サーモグラフィカメラ InfReC H8000

 日本アビオニクス株式会社(本社:東京都品川区、社長:秋津 勝彦)は、高性能な冷却型赤外線検出素子を搭載した赤外線サーモグラフィカメラのハイエンドモデル【InfReC H8000】を本日から発売いたします。

 本製品は、最も高性能な赤外線検出素子といわれる「InSb(インジウムアンチモン)」を640×512画素配列した二次元センサを搭載し、非常に高精細な熱画像を取得できます。さらに、温度分解能0.02℃(※1)(画質改善なし)の高感度撮影と、最速0.3msec(※2)の高速シャッターを実現しており、解像度・感度・応答性のすべてを高次元で実現したハイエンドモデルとなっております。
 測定波長2〜5μmという短波長領域の感度特性を生かし、最小空間分解能7.5μm(※3)という一般的な非冷却型サーモグラフィカメラでは捉えられない微小な世界を捉えることができます。また、バンドパスフィルタとの併用により、ガラス越しや火炎越しでの撮影、あるいは火炎やガラスの温度測定などといった、多彩なアプリケーションの実現が可能です。

(※1) 30℃ 黒体炉にて
(※2) シャッター速度は測定温度レンジにより異なります
(※3) オプションレンズ使用時

外観イメージ

右後方のアングル
右後方のアングル
真横のアングル
真横のアングル
右前方のアングル
右前方のアングル

概要

商品名 ブランド名 型 式 希望小売価格 納入開始
赤外線サーモグラフィカメラ InfReC
(インフレック)
H8000 9,800,000円 2013年9月末頃

目標販売台数は、年間30台です。

新製品の主な特長

1) 高解像度「InSb(インジウムアンチモン)」センサで、微細・微小・高速な熱現象をキャッチ

  • 超高感度  温度分解能 0.02℃以下
  • 超高精細  640×512画素
  • 超高速度  シャッター速度 最速0.3msec(シャッター速度は測定温度レンジにより異なります。)
  • 微小計測  最小空間分解能 7.5μm(オプションレンズ使用時)

2) 短波長計測と用途別バンドパスフィルタの組合せで様々なアプリケーションを実現

  • 測定波長 2〜5μmの短波長計測
  • 電動切替のフィルターホイールをカメラ内部に搭載
  • 各種用途別バンドパスフィルタをラインナップ
    -ガラス透過フィルタ、ガラス測定フィルタ
    -火炎除去フィルタ、火炎測定フィルタ
    -樹脂測定フィルタ

3) 多彩なオプションレンズで様々な測定対象物に対応

  • 2倍視野拡大レンズ
  • 2倍望遠レンズ
  • 15μm 顕微鏡レンズ
  • 7.5μm 顕微鏡レンズ

4) 高機能オンライン解析ソフトウェアがデータ取得から解析・レポートまでサポート

リアルタイム計測画面

リアルタイム計測画面

3D表示

3D表示

各種グラフ解析

各種グラフ解析
ラインエンベローフ表示

ワードでレポート作成

ワードでレポート作成

本件に関するお問い合わせ先

赤外・計測事業部 営業部営業推進グループ 木村、遠藤
〒141-0031 東京都品川区西五反田8-1-5 五反田光和ビル
TEL:03-5436-1371
E-mail: product-irc@ml.avio.co.jp

このページの先頭へ

TOP