1. 赤外線サーモグラフィカメラ InfReC R500シリーズの発売

ニュースリリース

2014年3月 6日


最大記録画素数 従来品の4倍相当の120万画素!※1

赤外線サーモグラフィカメラ
InfReC R500シリーズの発売

〜 超解像処理技術による類の無い高精細な熱画像 〜

  • 1:当社製品との比較、複数枚超解像処理時において

赤外線サーモグラフィカメラ InfReC R500シリーズ

 日本アビオニクス株式会社(本社:東京都品川区、社長:秋津 勝彦)は、非冷却型赤外線サーモグラフィカメラとしてはクラス最高水準となる最大120万画素(1280×960画素)で熱画像の記録が行える 高解像度赤外線サーモグラフィカメラ【InfReC(インフレック)R500 シリーズ】を本日より発売いたします。

 本製品は、空間分解能を実際に高めることが可能な最新の画像処理技術「複数枚超解像処理」機能をカメラに内蔵し、画素数を検出器の4倍となる120万画素に増幅して記録することが可能です。この技術によって得られた高精細な熱画像は、電子部品等の研究開発分野をはじめ、高所となる橋梁等のコンクリート構造物や建築物外壁の剥離調査、電力設備の点検といったインフラ維持管理分野で特に効果を発揮します。

 当社は「より高画質なサーモカメラを、より低価格に」というユーザーのご要望に最新技術でお応えし、今後も魅力ある製品の開発に取り組んでまいります。

外観イメージ

外観イメージ1

ラインナップ・価格

用途に応じて選べる3種類のモデルをご用意しました。
仕様の詳細につきましては、別紙の仕様表にてご確認ください。

  • R500Pro
    • 測定温度範囲 -40〜+2000℃/フル機能R&D用モデル
    • 時系列データの測定を行うR&D分野や、高温物の測定に最適。
  • R500
    • 測定温度範囲 -40〜+500℃/ 設備診断用モデル
    • 高所となる電気設備やプラントの配管などの点検に最適。
  • R500S
    • 測定温度範囲 -40〜+120℃/ 構造物診断用モデル
    • コンクリート構造物や建築物外壁の剥離診断に最適。
モデル名 特長 希望小売価格 出荷開始
R500Pro フル機能R&D用モデル 2,380,000円 2014年3月下旬
R500 設備診断用モデル 1,980,000円
R500S 構造物診断用モデル 1,800,000円

新製品の主な特長

1)最大記録画素数120万画素の高精細な熱画像

複数枚超解像処理により、非冷却型サーモグラフィカメラとしては最高クラスの高解像度を実現しました。

  • 超解像(SR)モード : 1280 x 960画素 空間分解能:0.58mrad相当 *1
  • 通常の記録モード : 640 x 480画素 空間分解能:0.87mrad

2)優れた光学設計と独自の補正技術による高感度・高精度

わずかな温度差を捉える必要のある非破壊検査や、高い精度が求められる評価試験に最適です。

  • 温度分解能 : 0.03℃ at 30℃ *2
  • 温度精度 : ±1℃ *3

3)標準レンズで最小58ミクロンの近接撮影が可能

10cmまで近接可能な標準レンズと「複数枚超解像処理」機能の組合せにより、オプションレンズが無くても微小物の計測が可能です。

  • 最小空間分解能 : 58μm相当 *1 <超解像(SR)モード撮影時>

4)作業効率を向上させるワイドな視野角

操作性の高いワイドな視野角は、限られたスペースでも広い範囲を撮影できるため、作業効率が上がります。

  • 測定視野角 : 水平32°×垂直24°

5)現場での操作性を追及

  • 様々なアングルでの撮影を可能とする回転式LCDモニタを搭載
  • 屋外での視認性を確保する可動式ビューファインダを搭載
  • FRZ/RECボタンを2箇所に配置、どんなアングルでも楽な姿勢で記録可能
  • 温度スケールとフォーカスを同時にアジャストする「フルオート機能」を搭載
  • 500万画素の可視カメラで熱画像と可視画像の「並列表示」「合成表示」が可能
  • 三脚取付け時に便利な操作リモコンを標準装備

6)カメラ本体に多彩な記録モードを搭載

  • 高画素で記録可能な超解像(SR)モード
  • 最大100°(水平)の広範囲を撮影できるクイックパノラマモード
  • カメラだけで最大3Hzの動画記録ができるSD動画モード *4
  • 熱画像と可視画像を同時に記録できるインターバルモード
  • 接点信号により外部機器と連携可能なトリガー入力とアラーム出力機能 *4

7)USB2.0接続でPCに熱画像・可視像を同時にリアルタイム記録

  • 解析可能な熱画像の動画データを15HzでPCに転送
  • 熱画像と同時に可視像もPCへ転送
  • リアルタイム解析が可能なソフトウェア NS9500Proを標準添付 *4

8)様々な測定現場で役立つ多彩なオプションを用意

  • 2倍視野拡大レンズと2倍望遠レンズをラインアップ
  • 約8時間の連続計測を可能にする長時間バッテリケース
  • LCDの見易さを向上させる液晶フード
  • 1: 手振れ等の効果による特徴点の抽出により、複数画像の合成処理が適切に実施された場合
  • 2: S/N改善時
  • 3: 環境温度 20〜30℃ レンジ1において
  • 4: R500Proのみ

本件に関するお問い合わせ先

赤外・計測事業部 営業部営業推進グループ 木村、遠藤
〒141-0031 東京都品川区西五反田8-1-5 五反田光和ビル
TEL:03-5436-1371
E-mail: product-irc@ml.avio.co.jp

このページの先頭へ

TOP