1. 高画素・高機能 赤外線サーモグラフィカメラ インフレック R500EXシリーズの発売

2016年1月12日
日本アビオニクス株式会社

高画素モデルの動画収録機能を強化し、
豊富なラインアップのレンズも同時発売

高画素・高機能 赤外線サーモグラフィカメラ
インフレック R500EXシリーズの発売
~ 電子製品の熱設計や試験・評価でさらに威力を発揮 ~

高画素・高機能 赤外線サーモグラフィカメラ インフレック R500EXシリーズの発売

 日本アビオニクス株式会社(本社:東京都品川区、社長:秋津 勝彦)は、クラス最高水準となる最大120万画素(1280×960画素)で熱画像の記録が可能な赤外線サーモグラフィカメラ「インフレック R500シリーズ」を改良した 「インフレックR500EXシリーズ(以下、本製品)」を2016年1月12日に発売いたします。

 本製品は、PCへのリアルタイム転送速度を従来製品の2倍となる30Hzに向上させ、温度変化をより高速に記録することが可能になりました。また、カメラ本体への外部トリガー信号入力により、PCソフトウェアが自動で動画記録を開始する「自動収録開始機能」を新たに搭載しました。これにより、試験装置や現場設備と連動した確実なデータ収録を手軽に行うことができます。さらに、熱電対では測定できない微小物の温度測定を実現する21μmおよび52μm近接拡大レンズや、120万画素の解像度を活かしながら水平93°の広角で測定できる3倍視野拡大レンズを新たにラインアップしました。

 このように、動画収録機能とレンズラインアップを強化した本製品は、電子部品等をはじめとした、様々な研究開発分野でさらに威力を発揮します。

 当社は、お客様視点に立った魅力ある製品の開発・サービスの提供と一層の品質向上をはかり、『安心・安全で環境にやさしい社会』に貢献できる事業を目指してまいります。

<外観イメージ>

<ラインアップ・価格>

用途に応じて選べる3種類のモデルをご用意しました。
仕様の詳細につきましては、別紙の仕様表にてご確認ください。

  • R500EX-Pro:測定温度範囲 -40~+2000℃/フル機能R&D用モデル
    時系列データの測定を行うR&D分野や、高温物の測定に最適。
  • R500EX:測定温度範囲 -40~+500℃/ 設備診断用モデル
    高所となる電気設備やプラントの配管などの点検に最適。
  • R500EX-S:測定温度範囲 -40~+120℃/ 構造物診断用モデル
    コンクリート構造物や建築物外壁の剥離診断に最適。
モデル名 特長 希望小売価格 出荷開始
R500EX-Pro フル機能R&D用モデル 2,380,000円 2016年1月下旬
R500EX 設備診断用モデル 1,980,000円
R500EX-S 構造物診断用モデル 1,800,000円

<レンズラインアップ・価格>

品名 仕様・備考 希望小売価格 出荷開始
3倍視野拡大レンズ 測定視野角:93°(H)×72°(V) 980,000円 2016年1月下旬
21μm近接拡大レンズ 測定視野範囲:13mm(H)×10mm(V) 980,000円
52μm近接拡大レンズ 測定視野範囲:33mm(H)×25mm(V) 680,000円

<新機能ならびに従来モデルからの変更点>

1. 高解像度はそのまま、PCへのリアルタイム転送速度を30Hzに向上

  • 従来15HzだったPCへのリアルタイム転送速度を、640×480画素の高解像度のまま30Hzに向上させました(熱画像のみ転送の場合)
  • 解析可能な熱画像データを、USB2.0で可視画像と同時にリアルタイム転送します〔*1〕

2. カメラへの外部トリガー信号により、解析ソフトウェアが自動で動画記録を開始

  • カメラ本体に外部トリガー信号が入力されると、PCの解析ソフトウェアが自動的に動画記録を開始します
  • I/O機器を使ったシステムを構築せずに、より簡単に試験装置や現場設備と連動したデータ収録を行うことが可能です

3. 最新の画像フィルタリング機能(デノイズ)により、温度分解能をさらに向上

  • NEC中央研究所が開発した最新のノイズ処理技術を搭載しました。測定対象物の輪郭を鮮明に保ったまま、空間フィルタ処理でランダムノイズを低減します
  • 0.025℃(at 30℃)の温度分解能を実現〔*2〕、わずかな温度差を鮮明に捉えたい非破壊検査に最適です

4. 微小物の測定や広範囲の測定に最適な3種類のレンズを同時発売

  • 電子部品など微小な対象物の温度計測を実現する2種類の近接拡大レンズを追加
    • 21μm近接拡大レンズ(作動距離:22mm、空間分解能:21μm)
    • 52μm近接拡大レンズ(作動距離:56mm、空間分解能:52μm)
  • 120万画素の高解像度で93°の広角撮影ができる視野拡大レンズを追加
    • 3倍視野拡大レンズ
  1. 熱画像と可視画像の同時転送の場合は、転送速度は15Hz
  2. S/N改善時

<PDFダウンロード>

<製品情報>

【本件に関するお問い合わせ先】

赤外線サーモグラフィ事業部 営業部 営業推進グループ 担当:菅谷、遠藤
〒141-0031 東京都品川区西五反田8-1-5 五反田光和ビル
TEL: 03-5436-1371
E-mail:product-irc@ml.avio.co.jp

TOP