YAGレーザ溶接機

YAG レーザ溶接機 LW-Y8 / LW-Y20 / LW-Y50 / LW-Y150 / LW-Y300

写真:YAGレーザ溶接機シリーズ

精密金属溶接で活躍!

電子部品の精密溶接に最適なYAGレーザ溶接機です。

  • 超精密部品から機構部品まで幅広く対応
    5種類のラインアップをご用意
  • 安定した高品質溶接を実現
    エネルギーフィードバック制御機能搭載
  • 多点同時溶接に対応
    最大4分岐出力可能
  • 溶接品質の確実な管理をサポート
    出力エネルギー(J)と平均パワー(W)を同時にモニタリング可能
主な用途 励起源 レーザ媒質
金属溶接(超精密部品から機構部品まで) フラッシュランプ Nd:YAG ロッド

発振波形

パルス波形
図:パルス波形

ビームプロファイル

図:ビームプロファイル

ラインアップ

項目 LW-Y8 LW-Y20 LW-Y50 LW-Y150 LW-Y300
最大定格出力 8W 20W 50W 150W 300W
用途 電子部品や医療用部品などの精密溶接 モータなどコイル銅線の端末処理、電池のタブ付け、光部品の溶接など電子部品分野 電子部品、医療用部品から自動車部品まで広い分野に対応
特長
  • 同一エネルギーでも、より高輝度のレーザ光を発振することで溶け込み深さを向上
  • 連続出射や同時出射においても均一な溶け込み深さを保ち、安定した溶接が可能
  • 高く、安定した出力
  • 銅、アルミ、金など高反射材といわれる高いエネルギーを必要とするスポット溶接や繰り返し出射が多いシーム溶接機などにも対応

溶接イメージ

図:溶接イメージ

発振器構造

図:発振器構造

仕様

項目 LW-Y8 LW-Y20 LW-Y50 LW-Y150 LW-Y300
波長 1064nm
最大定格出力 8W
(Class 4)
20W
(Class 4)
50W (Class 4) 150W (Class 4) 300W (Class 4)
ガイド光 650nm
最大エネルギー 8J/P 20J/P 50J/P 70J/P
最大パルス幅 20.0ms 30.0ms
繰り返し 0.1 - 20Hz 0.1 - 99 Hz 0.1 - 200Hz
分岐光学系 Max 4
冷却方式 空冷 水冷
電源 AC200/220V 1Φ 8A AC200/220V 3Φ 18A AC200/220V 3Φ 25A AC200/220V 3Φ 4A
外形寸法/質量 W410 x D845 x H790mm 130kg W530 x D1170 x H1030mm 250kg W530 x D1170 x H1030mm 250kg W650 x D1335 x H1045mm 360kg

分岐仕様

発振器から出射したレーザを分岐して複数の光路で同時に出射したり、複数の光路で順番に出射することができます。
分岐仕様は、ご注文時に選択可能です。

単一分岐

図:単一分岐

  • 一つの光路からレーザを出射します
  • 設定した値のレーザを出射します
時間分岐(2~4分岐)

図:時間分岐(2~4分岐)

  • 複数の光路から順番にレーザを出射します
  • 各光路を切り替えて、設定した値のレーザを出力します
同時分岐(2~4分岐)

図:同時分岐(2~4分岐)

  • 分岐した光路から同時にレーザを出射します
  • 分岐一本あたりの出射エネルギーは、設定値を分岐数で等分した値となります
同時2時間2分岐

図:同時2時間2分岐

  • 2光路ずつ順番にレーザを出射します
  • 分岐一本あたりの出射エネルギーは、設定した値の半分となります

出射ヘッド

  • 光ファイバから出射したレーザ光を集光してワークを加工するヘッドです
  • 小型で装置搭載に適した標準タイプと、加工位置をカメラで確認しながら溶接可能なCCDカメラ付タイプなどがあります
  • ワーキングディスタンスや高繰返し等の用途に応じて、出射ヘッドの焦点距離やレンズ径をお選びいただけます

写真:出射ヘッド

注意事項
  • 当社のレーザ溶接機は日本工業規格の「レーザ製品の安全基準」および厚生労働省通達の「レーザ光線による障害の防止対策要綱」に準拠しています。
  • レーザ溶接機を使用する際は取扱説明書および製品に表示、あるいは添付されたラベルや注意書きをお守りください。
レーザ光線について
  • 当社のレーザ溶接機はクラス4レーザです。レーザ溶接機から発射した光を直接目に入れないでください。
    物体に反射した反射光や散乱光も大変危険です。目に入らないように注意してください。
  • レーザ光を人体に照射すると、重篤な障害をもたらす可能性があります。レーザ光が到達する可能性がある区域は、必ず保護具の着用をしてください。
  • レーザ光を空中に照射しないでください。必ず終端させるようにしてください。
  • 引火性の物質にレーザを照射しないでください。火災の原因になります。
高電圧について
  • フラッシュランプの交換や電源カバーを取り外すときは、電源を切ってから5分以上待ったのち作業を行ってください。
  • 筐体のアース端子は必ず接地してください。
レーザ溶接機の扱いについて
  • レーザ安全管理者を設けてください。
  • レーザ管理区域を設けて管理してください。
  • 装置の改造は絶対に行わないでください。
規格等について
  • レーザ溶接機の使用に際しては次の規格等を参考にし、安全に作業するよう努めてください。
    日本工業規格   JIS-C6802「レーザ製品の安全基準」
             JIS-C6801「レーザ安全用語」
    厚生労働省通達 基発第39号「レーザ光線による障害の防止対策要綱」
    その他参考図書 光産業技術振興協会「レーザ安全ガイドブック」

最適接合ソリューションをご提案します。

お気軽にお問い合わせください。

045-930-3595

接合機器営業部

8:30〜17:00(土日・祝日・弊社休業日を除く)

TOP