高周波誘導加熱装置の原理

高周波誘導加熱装置とは、金属加熱用の高周波発生装置です。電磁誘導を利用して金属を非接触で自己発熱させ、加熱します。

金属体を入れたコイルに交番電流を流すと、コイルの中を流れる電流により磁界が発生し、誘導損失(ヒステリシス損)が生じて熱が起こります。
同時に、交番電流によって変化する磁場中では電磁誘導による渦状の電流(渦電流)が生じます。この渦電流はジュール熱を発生させて電磁エネルギーの熱損失(渦電流損)が起こります。
高周波誘導加熱装置は、ヒステリシス損と渦電流損の二つの加熱原理を活用して加熱を行います。

高周波誘導加熱装置の原理

製品に関するお問い合わせ

製品に関するお問い合わせはこちら

(接合実験・技術ご相談)

TOP