パルスヒートユニットの原理

パルスヒートユニットは電子部品などをはんだ付けするものです。
接合物を押えて圧力を加えるためのリフロヘッドと電気を流すためのパルスヒート電源で構成されます。

パルスヒートとは瞬間加熱という方式のことで、はんだを溶かす時だけ加熱します。
金属でできた、ヒータチップ(こて先)に電気を流し抵抗発熱させ、はんだを溶かします。はんだが溶けたら電気を流すのを止め、冷やします。はんだが固まるまで加圧しているので、浮きのない高信頼性の接合が得られます。

パルスヒートユニットの基本構成と役割

接合物を押さえて圧力を加えながら電気を流し、抵抗発熱で加熱します。

パルスヒートユニットの原理紹介ムービー

本ムービーには音声が含まれていますので、音量にご注意ください

製品に関するお問い合わせ

製品に関するお問い合わせはこちら

(接合実験・技術ご相談)

TOP