1. 記録とデータベースの同時作成

記録とデータベースの同時作成

一つ前のページへ戻る

機種構成例と熱画像例

要求事項・対象の特性

ソリューションのポイント

活用例

機器構成例

図:データベース

起動

  • スタートメニュのTVS7_APの中のData_Base を起動する。
  • カメラからの画像を読み込んで直接画像表示する。差分画像の表示も可能。

機能

  • IEEE1394に接続されたカメラからの画像を読み込んで直接画像表示する。
  • 温度範囲の変更表示。
  • 放射率、反射温度補正。
  • 9個のデータベース情報を設けインデックスCSVファイルのレコードに記録できる。
  • 熱画像のIRIファイル記録時に熱画像のJPEGファイル記録とインデックスCSVファイルにレコード追加が行われる。
  • 熱画像のインターバル記録可能。
  • 2点の温度、画面内最高温度の値と変化グラフを表示。
  • 水平ラインプロファイル表示
  • カメラ温度レンジ、温度範囲のリモート制御。
  • グラフデータのエクセルファイル出力。

図:データベース

赤外線サーモグラフィ製品 購入をご検討中の方へ

カタログやお見積、出張デモのご依頼や各種お問い合わせはこちらから。
お問い合わせ

赤外線サーモグラフィ営業部 TEL.045-287-0303 中部支店 TEL.052-951-2926 西日本支店 TEL.06-6304-7361 福岡営業部 TEL.092-686-1960 お問い合わせ 受付時間 9時~17時(土・日・祝日を除く)

このページの先頭へ

TOP