写真:赤外線サーモグラフィカメラ InfReC R500シリーズ

赤外線サーモグラフィカメラ
InfReC R500シリーズ

超解像・高画素モデル

最大記録画素数120万画素!
超解像処理技術による類を見ない高精細な熱画像

販売終了いたしました。
以下の推奨代替機種をご覧ください。

赤外線サーモグラフィカメラ InfReC R500シリーズ

最大記録画素 従来品の4倍相当の120万画素!

用途と測定温度範囲で選べる3種類のモデル

R500Pro フル機能R&D用モデル 時系列データの測定を行うR&D分野や、高温物の測定に最適。 測定温度範囲 -40~+2000℃
R500 設備診断用モデル 高所となる電気設備やプラントの配管などの点検に最適。 測定温度範囲 -40~+500℃
R500S 構造物診断用モデル コンクリート構造物や建築物外壁の剥離診断に最適。 測定温度範囲 -40~+120℃

最大記録画素数120万画素の高精細な熱画像

複数枚超解像処理により、非冷却型サーモグラフィカメラとしては最高クラスの高解像度を実現しました。

  • 超解像(SR)モード:1280 x 960画素 空間分解能:0.58mrad相当 ※1
  • 通常の記録モード: 640 x 480画素 空間分解能:0.87mrad
図:複数枚超解像処理機能
  1. 手振れ等の効果による特徴の抽出により、複数画像の合成処理が適切に実施された場合

優れた光学設計と独自の補正技術による高感度・高精度

わずかな温度差を捉える必要のある非破壊検査や、高い精度が求められる評価試験に最適です。

  • 温度分解能 : 0.03℃ at 30℃ ※2
  • 温度精度 : ±1℃ ※3
  1. S/N 改善時
  2. 環境温度 20~30℃ レンジ1において

標準レンズで最小58ミクロンの近接撮影が可能

10cmまで近接可能な標準レンズと「複数枚超解像処理」機能の組合せにより、オプションレンズが無くても微小物の計測が可能です。

  • 最小空間分解能 : 58μm相当 ※1 <超解像(SR)モード撮影時>

作業効率を向上させるワイドな視野角

操作性の高いワイドな視野角は、限られたスペースでも広い範囲を撮影できるため、作業効率が上がります。

  • 測定視野角 :水平32° x 垂直24°
ロゴ:Infrared Camera 【InfReC】

【InfReC(インフレック)】は「Infrared Camera」(赤外線カメラの意味)を略した造語であり、「赤外線(Infrared)の情報(Information)を記録する装置(Recorder)」と言う意味を併せ持ちます。
温度計測の分野にとどまらず、環境保護や、セキュリティ・発熱者検査など社会の安心・安全に貢献する製品を開発、ご提供しております。

赤外線サーモグラフィ製品 購入をご検討中の方へ

製品に関するお問い合わせについてのご相談・
お問い合わせを承ります。

東京本社
TEL : 03-5436-1371
中部支店
TEL : 052-951-2926
西日本支店
TEL : 06-6304-7361

8:30~17:00(土・日・祝日、
弊社休業日を除く)

本ページに記載の仕様及び外観は、改善のため予告無しに変更する場合があります。
本ページに記載された会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。
製品の価格は、日本国内の希望小売価格(税別)です。
本製品は外国為替及び外国貿易法の規定により戦略物資等(または役務)に該当しますので、日本国外に輸出する場合には同法に基づき日本国政府の輸出許可が必要です。

TOP