F50シリーズファームウェアプログラム

プログラム概要

ソフト名 F50シリーズファームウェアプログラム
対応機種 F50シリーズ(F50A-BAS / F50B-BAS / F50A-STD / F50B-STD / F50A-ONL / F50B-ONL)
ファイル名 F50_V2_1.zip

注意事項

バージョンアップを行う場合は、次の注意事項を必ず守ってください。これらの注意事項を守らない場合、F50本体内蔵フラッシュメモリが破壊され正常に起動しなくなる可能性があります。本体が正常に起動しなくなった場合、引取り修理(有償)が必要となります。

  1. F50本体ソフトウェアプログラムは、F50シリーズ専用となっております。R500/R300SR/R300/G120/G100等の別機種へのバージョンアップは絶対に行わないでください。
    本体形式は、機器本体底面に貼ってある定格銘板によりご確認ください。
    本体形式の確認方法:定格銘板
  2. 特別仕様の本体にはバージョンアップを行わないでください。
  3. バージョンアップ中は、絶対に本体の電源をOFFにしないでください。
  4. ファームウェアバージョンアップを行う場合は、必ずACアダプタをご使用ください。バージョンアップ中に本体の電源が切れないようにしてください。
  5. 収録済みの熱画像データがある場合、バージョンアップの前に熱画像データのバックアップを行ってください。

必要な機材

  1. F50 本体(+マイクロSDカード)
  2. ACアダプタと付属のUSBケーブル(二股ケーブル)
  3. Windows PC一式

手順

※ファームウェアをアップデートする際は、F50のバッテリ残量が50%以上ある状態で行ってください。

  1. F50_V2_1.zip をWindows PC上任意のフォルダにダウンロードします。
  2. マウスカーソルを“F50_V2_1.zip”のアイコン上に合わせダブルクリックします。任意のフォルダに以下のファイルが解凍されます。以下のファイルが全て有ることを確認してください。
    • ファームウェアプログラム : F50update.zip
    • 更新内容ファイル(日本語): ReadmeJPN.txt
    • 更新内容ファイル(英語): ReadmeENG.txt
  3. F50本体にマイクロSDカードが挿入されていることを確認し、付属のマイクロUSBケーブルで本体とPCを接続し本体電源をONします。電源ONのやり方は“F50シリーズ 取扱説明書”をご参考ください。
  4. 本体起動後、USB接続モードをマスストレージ(MTP)モードに設定し、F50マスストレージ直下に”F50update.zip ”をコピーします。
  5. 本体電源OFF、ACアダプタと本体がUSB接続されている状態で、F50本体の"F2ボタン""F3ボタン"を押したまま、"POWERボタン"で電源ONにします。
    POWERボタン(側面) F2ボタン(緑色) F3ボタン(黄色)
  6. 本体が起動すると、約10秒~15秒後に以下に示すバージョンアップ画面が表示され、本体ソフトウェアのバージョンアップが開始されます。バージョンアップ画面が表示されたら“F2ボタン”“F3ボタン”を離します。
    バージョンアップ画面
    ※以下のエラー表示が出た場合、エラー内容を確認して下さい。
    0001 NoData :バージョンアップデータがSDカード直下にコピーされている事を確認して下さい。
    0002 Battery :バッテリ残量が50%以上である事を確認して下さい。
  7. バージョンアップが完了すると、自動で電源OFFとなります。電源がOFF(本体青色LEDが消灯)された後、“POWRERボタン”で電源をオンにしてください。電源ON後、起動アニメーションが表示され本体の初期化が開始します。(約1分程度)
  8. カメラ起動後、LIVE状態の画面が表示されることを確認してください。
    Live状態画面

バージョン確認方法

以下の方法で、本体ソフトウェアバージョンが正常にバージョンアップされたか確認して下さい。

  1. MENUボタンをタップし、”機器情報”→“バージョン情報”をタップし[アプリバージョン]を確認します。
  2. 本体ソフトウェアのバージョンが画面に表示されます。
    バージョン表示画面

その他

  1. 本ソフトは、日本アビオニクス株式会社の著作物です。本ソフトの一部または全部を無断で複写、転載、改変することは法律で禁じられています。
  2. 本ソフトは、お客様が所有するF50本体のファームウェアをバージョンアップする場合に限り、複製することができます。これ以外の目的では、いかなる場合も複製することはできません。
  3. 本ソフトの内容については、改良のため将来予告なく変更することがあります。
  4. 本ソフトのご利用については、弊社当該製品のお客様を対象とさせていただきます。

ダウンロードファイル

TOP