1. 総合トップ
  2. NEC Avio赤外線テクノロジーニュースリリース
  3. コンクリート構造物や建築物外壁などの診断向けサーモグラフィ【InfReC Thermography R300S】新製品

ニュースリリース

2011年12月01日

NEC Avio赤外線テクノロジー株式会社

コンクリート構造物や建築物外壁の診断などに最適!
最新の国産センサを搭載した高感度赤外線サーモグラフィ装置
【InfReC Thermography R300S】の発売について

InfReC Thermography R300S

新カラーパレット(名称:オリーブ)

高感度国産センサを搭載したサーモグラフィ 『InfReC Thermography R300S』

 NEC Avio赤外線テクノロジー株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長 川島 雅幸)は、このたび、「InfReC Thermography R300」に、構造物診断に必要な性能や機能の向上を図った赤外線サーモグラフィ装置 『InfReC Thermography R300S』を発売致します。

 近年、構造物の老朽化が進む中、コンクリート片やタイル、モルタルなどの剥落により下を通行する車両や歩行者に危害を与える危険性が指摘されており、建築基準法改定(第12条第1項)などによって構造物の安全管理が義務化されつつあります。これに伴い、損傷箇所の抽出を効率的に行うために高い機動性と検出率を兼ね備えた非破壊検査手法の確立が望まれており、赤外線サーモグラフィ装置による診断が注目されています。コンクリート構造物や建築物外壁の診断では日照や気温差による微小な温度差を捉える必要があり、温度分解能の高さが最も重要な性能として求められています。

 新製品 『InfReC Thermography R300S』 は、最新の高感度国産センサを搭載し、非冷却型赤外線サーモグラフィ装置でクラス最高水準の高温度分解能0.03℃(※1)を実現しました。これにより、従来モデルに比べ微小な温度差をより鮮明に画像化することが可能です。

 さらに、『診断支援ツール』をセットにしたモデル 『InfReC Thermography R300SS』は、測定現場で有効なオプション類に加え、距離計・角度測定が可能な三脚・定期診断報告書用テンプレートを搭載したレポートソフト・外壁診断セミナーの受講券などが含まれており、これから構造物診断業務を開始される診断士への導入をサポートいたします。

 当社は今後も赤外線に関する独自の技術により、社会の安心・安全に貢献できる企業を目指し、よりよい製品を提供して参ります。

  • ※1:画質改善時 30℃黒体にて

新製品『R300 S』の特長

  • 非冷却カメラ最高クラスの高温度分解能0.03℃(画質改善時)を実現
  • 1.2mradの高空間分解能(視野角22×17°)
  • 構造物診断に適したカラーパレット(名称:オリーブ)を新開発
  • アベレージング(画質改善)時に発生する残像を除去し、高感度とリアルタイム性の両立を実現
  • モニタ上に水平・垂直のラインを表示させる「グリッド表示」機能により、構造物に対して水平・垂直に撮影する際や構造物の分割撮影時の目安として利用可能
  • ボタン一つでフォーカスと温度スケールを同時に自動設定する「フルオート機能」を搭載
  • 可視像と熱画像の「合成表示機能」に加え、「並列表示機能」で測定対象をより分かりやすく
  • 広範囲を一度に測定!カメラ本体による「パノラマ熱画像撮影機能」を搭載
  • チルト機構付きLCDモニタ加え、屋外計測に便利な角度調整付きビューファインダーを搭載
  • 特別なソフトを使用せずにPCで画像を閲覧できる「データ付JPEGフォーマット」(※2
  • 定期報告用のテンプレートを搭載したレポート作成ソフト「NS9500STD」を標準添付(※3
  • オプションに2倍広角・2倍望遠などの豊富なレンズラインナップを用意
  • ※2:標準添付ソフトウェアで温度スケールの変更やデータ解析が可能
  • ※3:国土交通省告示 別添2様式を参考

最新の高感度センサによる高画質

最新の高感度センサによる高画質

可視画像・熱画像 並列表示機能

可視画像・熱画像 並列表示機能

新カラーパレット(名称:オリーブ)

新カラーパレット(名称:オリーブ)

グリッド表示

グリッド表示

添付ソフト InfReC Analyzer NS9500 Standard の定期報告用テンプレート

定期報告用のテンプレート付き InfRec Analyzer NS9500 Standard

  • 引用資料
    「定期報告制度の告示に伴う赤外線装置法による外壁診断講習会」テキスト(2011年3版)

:一般社団法人 日本赤外線サーモグラフィ協会

製品のラインナップ

InfReC Thermography R300Sと、診断支援ツール付きInfReC Thermography R300SSの2機種を販売致します。

  1. InfReC Thermography R300S
  2. InfReC Thermography R300SS(診断支援ツール付き)

診断支援ツール内容

  • カメラの角度調整機能付き三脚+アクセサリーバック
  • 構造物との距離を簡単に測定可能なレーザー距離計
  • 4.0時間以上の連続計測を可能にする長時間バッテリケース+バッテリパック×2個
  • 屋外計測でのLCDの見易さを向上させる液晶フード
  • 現場でカメラの操作や計測における注意点が分かる構造物診断用簡易操作マニュアル
  • 診断知識の向上の有効な赤外線サーモグラフィによる外壁診断セミナー(講義/実技) *申込書同封

希望小売価格

製品名 希望小売価格(税別)
InfReC Thermography R300S 1,480,000円
InfReC Thermography R300SS(診断支援ツール付き) 1,640,000円

販売開始時期

  • 販売開始時期 2011年12月1日
  • 目標販売台数 初年度 100台

新製品の主な仕様

項目 R300S 仕様
測定温度範囲 -40℃〜120℃
レンジ1:-40〜120℃
温度分解能(NETD) 0.03℃ at 30℃(S/N改善時、レンジ1)
有効画素数 320(H)x 240(V)ドット
測定視野角 水平22° x 垂直17°(標準レンズ時)
空間分解能 1.2mrad
測定距離範囲 10cm 〜 ∞(標準レンズ搭載時)、温度精度保証は30cm〜
フレームタイム 1/60秒
表示装置 チルト機構、輝度調整機能付3.5型カラー液晶モニタ(320 x 240)
角度調整付きビューファインダー
フォーカス オートフォーカス、フルオート機能搭載
ポイント測定 多点温度表示(10点)、多点放射率補正(10点)、2点間温度差、最高/最低温度サーチ
エリア測定 指定領域内(BOX 5個)温度解析機能
ラインプロファイル 有(水平、垂直)
アベレージング Σオフ、Σ2(弱)、Σ8(中)、Σ16(強)
残像除去機能付き(新機能
カラーパレット オリーブ(新カラーパレット)、レインボー、アイリス、輝度カラー、ホットアイアン、ホットブラック、ホットホワイト
グリッド表示 有(新機能
可視像合成表示 熱画像・可視画像合成、熱画像・可視画像並列表示
可視カメラ CMOS 310万画素
熱画像パノラマ撮影 有(水平、垂直)
熱画像動画 有(10fps) SDカードへの格納
インタフェース USB(マスストレージ)、アラーム出力(無電圧接点信号出力)、ビデオ出力(NTSC/PAL切替)
レーザーポインタ 有(ON / OFF, 赤色クラス2、PSC適合品)
防塵・防沫構造 保護等級 IP54相当
バッテリ持続時間 駆動時間 2時間 *専用バッテリパック
質量 約1.3kg(バッテリ含む)

本件に関するお問い合わせ先

NEC Avio赤外線テクノロジー株式会社
営業管理部 営業推進グループ 片岡、佐藤、中林
〒141-8535
東京都品川区西五反田8-1-5 五反田光和ビル
電話:03-5436-1371
FAX:03-5436-1618

このページの先頭へ

TOP