1. 総合トップ
  2. NEC Avio赤外線テクノロジーニュースリリース
  3. ズームレンズ&国産センサ搭載赤外線サーモグラフィ装置【InfReC Thermography R300Z】新製品

ニュースリリース

2012年02月08日

NEC Avio赤外線テクノロジー株式会社

業界 オンリーワン(*1
ズームレンズ&国産センサ搭載赤外線サーモグラフィ装置
【InfReC Thermography R300Z】の発売について

InfReC Thermography R300Z

InfReC Thermography R300Z

ズームレンズ&国産センサ搭載赤外線サーモグラフィ装置『InfReC Thermography R300Z』

 NEC Avio赤外線テクノロジー株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長 川島 雅幸)は、このたび、「InfReC Thermography R300 シリーズ」に、ズームレンズを搭載、現場計測機能の向上を図った赤外線サーモグラフィ装置 『InfReC Thermography R300Z』を追加し発売致します。

 "InfReC Thermography R300Z"は、電力設備(送電線/変電設備/発電機ほか)やビルの壁面/道路の法面など広範囲な空間を一気に観測し、異常と疑われる個所をより詳細に観察したい現場ニーズにお応えした、現場志向の赤外線サーモグラフィ装置です。

 従来これらの現場では、撮影する熱画像のサイズに合わせ、倍率の異なる複数のレンズを準備し、現場で交換する作業が必要でした。今回発売する"InfReC Thermography R300Z"は「標準レンズ」に、「2倍視野拡大(広角)レンズ」「2 倍望遠レンズ」を加えた3 本分の倍率をカバーするズームレンズを搭載した"業界オンリーワン"製品です(※1)。光学式ズームを採用することにより、現場でレンズ交換すること無く、『最適な画像サイズ』と『高い空間分解能』で柔軟かつ手軽に撮影することが出来ます。

 高感度国産センサを搭載した非冷却型赤外線サーモグラフィ装置で、レンズ交換をすることなく必要部分の熱画像を測定可能な"InfReC Thermography R300Z"は、研究開発から電力やプラント設備の保守保全、建築物/コンクリート構造物などの調査・診断など幅広い用途でお役立て頂けます。
当社は今後も赤外線に関する独自の技術により、社会の安心・安全に貢献できる企業を目指し、より良い製品を提供してまいります。

  • ※1:2012年1月当社調べ。

新製品『R300 Z』の特長

  • ズームレンズ(4 倍)と、4 倍デジタルズームを併用し最大16 倍まで拡大可能
  • 非冷却カメラ最高クラスの高温度分解能0.06℃を実現
  • 0.59mradの高空間分解能(40mm 望遠時)
  • アベレージング(画質改善)時に発生する残像を除去し、高感度とリアルタイム性の両立を実現
  • カメラ本体に「熱画像動画撮影機能(10fps)」を搭載。動きのある対象も確実に測定
  • 多彩な計測機能、異常温度検知に役立つアラーム機能、定点観測に便利なインターバル記録
  • チルト機構付きLCDモニタに加え、屋外計測に便利な角度調整付きビューファインダーを搭載
  • 軽量化(当社従来比 約30%減)と優れた重心バランス
  • PCソフトウェア NS9500Proを標準添付。解析からレポ-ト作成まで素早く簡単に。USB接続にてPCでのリアルタイム画像収録も可能。
  • 特別なソフトを使用せずに、PCで画像を閲覧できる「データ付JPEGフォーマット」を採用

ズームレンズの効果

10mmの2倍広角撮影データから40mmの2倍望遠撮影データまでの比較

送電線鉄塔

広角(10mm、43°x32°)
広角(10mm、43°x32°)

標準(20mm、22°x16°)
標準(20mm、22°x16°)

1.5倍望遠(30mm、14°x11°)
1.5倍望遠(30mm、14°x11°)

2倍望遠(40mm、11°x8.1°)
2倍望遠(40mm、11°x8.1°)

ビル壁面

広角(10mm、43°x32°)
広角(10mm、43°x32°)

標準(20mm、22°x16°)
標準(20mm、22°x16°)

1.5倍望遠(30mm、14°x11°)
1.5倍望遠(30mm、14°x11°)

2倍望遠(40mm、11°x8.1°)
2倍望遠(40mm、11°x8.1°)

広角(10mm、43°X 32°)、 2倍望遠(40mm) X4倍デジタルズーム
広角(10mm、43°X 32°) ・ 2倍望遠(40mm) X4倍デジタルズーム

希望小売価格

製品名 希望小売価格(税別)
InfReC Thermography R300Z 2,400,000円

販売開始時期、販売台数

  • 販売開始時期 2012年2月8日
  • 目標販売台数 初年度 100台

主な仕様

項目 R300Z 仕様
測定温度範囲 -40℃〜500℃
温度分解能(NETD) 0.06℃ at 30℃(レンジ1)
有効画素数 320(H)x 240(V)ドット
測定視野角 望遠: 11°(H) × 8.1°(V) 〜 広角: 43°(H) × 32°(V)
空間分解能 0.59mrad 〜 2.4mrad
測定距離範囲 0.3m 〜 ∞
フレームタイム 1/60秒
表示装置 チルト機構、輝度調整機能付3.5型カラー液晶モニタ、角度調整付きビューファインダ
ポイント測定 有(多点放射率補正、⊿T、最高/最低温度サーチ、放射率逆算機能ほか)
エリア測定 有(温度解析機能付き)
ラインプロファイル 有(水平、垂直)
アベレージング 有(残像除去機能付き)
可視像合成表示 熱画像・可視画像合成、熱画像・可視画像並列表示
可視カメラ
熱画像動画 有(10fps)SDカードへの格納
インタフェース USB(マスストレージ)、アラーム出力(無電圧接点信号出力)、ビデオ出力(NTSC/PAL切替)
レーザーポインタ 有(ON / OFF、 赤色クラス2、PSC適合品)
防塵・防沫構造 IP54相当
電源 専用バッテリパック ACアダプタ
外形寸法/質量 約121(H) × 105(W) × 285(D) mm(突起部含まず)約1.9kg(バッテリ含む)

サーモグラフィのシリーズ名称『InfReC(インフレック)』について

当社サーモグラフィの名称『InfReC』は、「InfraRed Camera(赤外線カメラの意味)」を略した造語であり、「赤外線の情報を取り込む装置」という意味を持たせました。

InfReC
『InfReC(インフレック)』のロゴマーク

従来、赤外線カメラの市場は温度計測分野を中心として発展してきましたが、赤外線を応用したアプリケーションは多様な可能性を秘めており、近年の研究開発や製品の高機能化・低価格化により、その市場は大きな広がりをみせています。当社はシリーズ名称を『InfReC』に統一し、温度計測の分野にとどまらず、セキュリティ用途、パンデミック対策、建築物の断熱性診断を通した地球温暖化対策による環境保護など、社会の安心・安全に貢献できる企業を目指して、赤外線カメラの市場をリードしてまいります。

ニュースリリースに関するお問い合わせ先

NEC Avio赤外線テクノロジー株式会社
営業管理部 営業推進グループ 佐藤、中林
〒141-8535
東京都品川区西五反田8-1-5 五反田光和ビル
電話:03-5436-1371
FAX:03-5436-1618

本製品に関するお問い合わせ先

NEC Avio赤外線テクノロジー株式会社
お問い合わせ窓口(9時〜17時(土・日・祝日を除く))
電話:0120-338-860

このページの先頭へ

TOP