1. 日本アビオニクスとフューチャースタンダードは赤外線サーモグラフィと顔認証AIで多人数の発熱を監視し検温記録も保存する「感染症対策ソリューション」の共同開発を開始

ニュースリリース

2020年3月25日
日本アビオニクス株式会社

日本アビオニクスとフューチャースタンダードは
赤外線サーモグラフィと顔認証AIで多人数の発熱を監視し
検温記録も保存する「感染症対策ソリューション」の
共同開発を開始

日本アビオニクス株式会社(本社:東京都品川区、社長:竹内 正人、以下、当社)は、株式会社フューチャースタンダード(本社:東京都文京区、社長 鳥海 哲史)と、企業に求められるBCP(事業継続計画)へ向けた新型コロナウィルス対策のひとつとしてオフィスや商業施設などでの同時に多人数の発熱を早期に発見するために、「感染症対策ソリューション」の共同開発をスタートいたしました。

当社が従来から提供している高精度で温度測定が可能な赤外線サーモグラフィを使用した体表温スクリーニングシステムと、フューチャースタンダード社が提供している可視画像を利用した顔認証AIを組み合わせ、顔認証で特定した複数の人物の検温記録を保存、発熱を検知する製品の開発をいたします。

赤外線サーモグラフィによる体表温計測と顔認証イメージ

赤外線サーモグラフィによる体表温計測と顔認証イメージ

利用の流れ(イメージ図)

利用の流れ(イメージ図)

日本アビオニクス株式会社は、これまでも安全監視や品質向上に向けたシステムを数多く手がけてまいりました。サーモグラフィカメラの国内トップブランドメーカーとして、長年培った赤外線に関する経験と独自の技術を駆使し、安心・安全な社会の実現にこれからも寄与してまいります。

【本件に関するお問い合わせ先】

電子機器営業本部 営業企画管理部
TEL:045-287-0302
Email:product-irc@ml.avio.co.jp
URL:https://www.avio.co.jp/

  • このリリースの記載内容は発表日現在のものです。発表後はこれらの内容が予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

TOP