1. 総合トップ
  2. ニュースリリース
  3. 顔認証や入退室システム、セキュリティゲートへの組込みに最適 高性能 国産サーモカメラモジュールを発売 ― SDK 無償提供と技術サポートでシステム構築を支援 ―

2021年6月9日
日本アビオニクス株式会社

顔認証や入退室システム、セキュリティゲートへの組込みに最適
高性能 国産サーモカメラモジュールを発売
― SDK 無償提供と技術サポートでシステム構築を支援 ―

サーモカメラモジュール C50A-FS

日本アビオニクス株式会社(本社:神奈川県横浜市、社長:竹内 正人)は、人の体表温度から発熱の疑いがある人を被検者に近寄ることなく衛生的に特定する、発熱者スクリーニング用の赤外線サーモグラフィカメラ(以下、サーモカメラ) 【InfReC(インフレック) フィーバースクリーニング(FS)シリーズ】の新たなラインアップとして、サーモカメラモジュール【C50A-FS】(以下、新製品)を7月から出荷開始いたします。

新製品は、入退室管理システムやセキュリティゲートへの組込に最適な、発熱者スクリーニング用の高性能サーモカメラモジュールです。240×240画素の高解像度なサーモカメラに可視カメラを一体化させ、わずか100gの小型・軽量を実現しています。小型化によりサーモ画像と可視画像がほぼ同軸で撮影できるため、顔認証との組合せ時にもカメラ1台で高精度なシステム構築が可能です。また、USBケーブル1本による接続とIP54相当の防塵防沫性能により、様々な場所に簡単に設置することができます。

Windows版とLinux版のソフトウェア開発キット(以下、SDK)を無償提供しており、ホームページからダウンロードして頂けます。ホームページにQ&A集を公開しているほか、メールによる無償サポート、開発への有償サポートなど、サポート体制も充実しています。

なお、新製品は当社の国内工場で生産しており、また、データ保存やワイヤレス通信機能を持たせず、USBによるサーモ画像と可視画像の出力のみに機能を限定しているため、安心してシステムに組み込んでご利用いただけます。

当社は、50年の歴史を持つ赤外線サーモグラフィの国内トップブランドです。フィーバースクリーニングシリーズには、組込用カメラモジュールのほかにも、セキュリティゲートなどと組み合わせてすぐにご使用いただける F50SA-FS、T20A-FSなどを取り揃えており、様々なシーンに合わせて最適な機種をご提案いたします。

<PDFダウンロード>

<カタログダウンロード>

【本製品に関するお問合せ先】

赤外線サーモグラフィ事業部 営業部
〒224-0053 横浜市都筑区池辺町 4475 番地
TEL:045-287-0303
Email:product-irc@ml.avio.co.jp
URL:https://www.avio.co.jp/
製品ページ:https://www.avio.co.jp/products/infrared/lineup/ir-thermo/c50a-fs/

TOP