1. 工場内の設備診断(電気設備)

工場内の設備診断(電気設備)

一つ前のページに戻る

電気設備は電流による発熱により異常を判断します。

工場の電気設備は、老朽化によりケーブルや端子に緩みが出て異常発熱を起こす場合があります。そのまま放って置くと火災などを起こし、大事故につながる原因になります。

その異常の多くが発熱として表れるため、定期的に赤外線サーモグラフィを使用して点検すると、安全かつ短時間で異常箇所の早期発見が可能になります。

診断事例1 電源切替盤内の異常過熱

可視画像
可視画像
過熱発見
過熱発見
処置後
処置後

診断事例2 配電盤内の異常過熱

可視画像(全体)
可視画像(全体)
可視画像(拡大)
可視画像(拡大)
熱画像
熱画像

上記のように、赤外線サーモグラフィで異常過熱を発見し、処置(ケーブル増締め、受け刃調整など)を行った結果、正常に戻ったことが分かります。

赤外線サーモグラフィは非接触にて画像としての熱分布測定が出来ますので、計画的な予防保全が可能になります。また、工場内の省エネ対策としても効果があります。

(資料ご提供:ソニーファシリティマネジメント株式会社)

赤外線サーモグラフィ製品 購入をご検討中の方へ

カタログやお見積、出張デモのご依頼や各種お問い合わせはこちらから。
お問い合わせ

赤外線サーモグラフィ営業部 TEL.045-287-0303 中部支店 TEL.052-951-2926 西日本支店 TEL.06-6304-7361 福岡営業部 TEL.092-686-1960 お問い合わせ 受付時間 9時~17時(土・日・祝日を除く)

このページの先頭へ

TOP