写真:火炎越し計測モデル InfReC R300BP-TF

NEW赤外線サーモグラフィカメラ
InfReC R300BP-TF

火炎越し計測モデル

国産非冷却型センサ搭載
燃焼炉内の火炎を除去して内部の温度を鮮明に画像化!

赤外線サーモグラフィソリューションセミナー お申し込み受付中

石炭火力炉や石油精製炉の内部を火炎越しで鮮明に撮影

  • 燃焼炉内の壁面・パイプなどの劣化状況やバーナーの動作状況、クリンカ(炉壁などに付着する灰やかす)などの付着状況を火炎越しでも鮮明に撮影することが可能です。
炉内バーナー可視画像:炎でバーナーが見えません
炉内バーナー可視画像:炎でバーナーが見えません
炉内バーナー熱画像:炎越しでもバーナーの温度分布の確認ができます
炉内バーナー熱画像:炎越しでもバーナーの温度分布の確認ができます
  • 燃焼ガスの種類によっては火炎を除去できないことがあり、測定温度に影響を与える場合があります。デモ機においての実測をご推奨します。

非冷却型センサでメンテナンスフリーを実現!

  • 国産非冷却型センサの優れた感度特性と炎越しフィルタを組合せることにより、火炎の影響が除去される3.8µm付近の短波長帯のみを検出します。
  • 従来の冷却型センサを搭載した炎越しモデルと比較して、大幅な低価格化とメンテナンスフリーを実現。センサ冷却機の交換が不要なため、寿命を気にせず使用でき、保守費用も掛かりません。

一般的なサーモグラフィ

一般的なサーモグラフィでの熱画像
一般的な非冷却型センサの測定波長8~14µmでは火炎の影響あり

R300BP-TF

R300BP-TFでの熱画像
国産非冷却型センサの感度を短波長帯まで伸ばし、
3.8µm炎越しフィルタで火炎を除去

優れた操作性と機動性で、厳しい測定環境下でも素早く測定

測定作業者の高温環境下での負担を減らします

  • バッテリ駆動で、わずか1.5kgの小型・軽量ボディ(バッテリ含む、防護シールド含まず)。
  • カメラだけで温度データ付き熱画像の動画をSDカードに最速10Hzで記録します。これにより、現場でPCを使わずに、短時間で必要なデータを収録可能です。また、動画データは、専用ソフトウェアによる温度解析が可能です。
カメラだけで温度データ付き熱画像の動画をSDカードに最速10Hzで記録
  • 様々なアングルでの撮影を可能とする回転式LCDモニタを搭載。
様々なアングルでの撮影を可能とする回転式LCDモニタを搭載
  • ボタンひとつで、温度スケールとフォーカスを同時にアジャストする「フルオート機能」を搭載。高速モーター搭載によるレスポンスの早いオートフォーカスで、瞬時に熱画像を調整します。
ボタンひとつで、温度スケールとフォーカスを同時にアジャストする「フルオート機能」を搭載

防護シールドで測定者を輻射熱から保護

  • 燃焼炉からの膨大な輻射熱から測定作業者を護る防護シールドで、安全を確保しながら撮影が可能です。
防護シールドで測定者を輻射熱から保護

挿入型リレーレンズで炉内を広角測定

  • 燃焼炉点検口などからリレーレンズを差し込んで、約100°の広角で炉内の状況を撮影することが可能です。炉内挿入型リレーレンズは特注にて承ります。
挿入型リレーレンズで炉内を広角測定
ロゴ:Infrared Camera 【InfReC】

【InfReC(インフレック)】は「Infrared Camera」(赤外線カメラの意味)を略した造語であり、「赤外線(Infrared)の情報(Information)を記録する装置(Recorder)」と言う意味を併せ持ちます。
温度計測の分野にとどまらず、環境保護や、セキュリティ・発熱者検査など社会の安心・安全に貢献する製品を開発、ご提供しております。

赤外線サーモグラフィ製品 購入をご検討中の方へ

カタログやお見積、出張デモのご依頼や各種お問い合わせはこちらから。

火炎越し計測モデル InfReC R300BP-TF '16/02版カタログをダウンロードする

東京本社
TEL : 03-5436-1371
中部支店
TEL : 052-951-2926
西日本支店
TEL : 06-6304-7361

8:30~17:00(土・日・祝日、
弊社休業日を除く)

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。

本ページに記載の仕様及び外観は、改善のため予告無しに変更する場合があります。
本ページに記載された会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。
製品の価格は、日本国内の希望小売価格(税別)です。
本製品は外国為替及び外国貿易法の規定により戦略物資等(または役務)に該当しますので、日本国外に輸出する場合には同法に基づき日本国政府の輸出許可が必要です。

TOP