1. タンク内スラッジ量の計測

タンク内スラッジ量の計測

一つ前のページへ戻る

機種構成例と熱画像例

要求事項・対象の特性

  • 屋外使用

ソリューションのポイント

  • バッテリ動作(2時間)

活用例

  • タンクの側板はタンク内の石油の量に比べ非常に薄く、熱伝導も良いので、タンクの表面の温度は石油またスラッジの温度にほぼ等しい。
  • 底に溜まったスラッジと温度差がある場合はスラッジの高さが熱画像に現れるので、スラッジの量を推し量ることができる。

機器構成例

  • ※同等機種を含みます。

図:スラッジのレベル

図:スラッジ

資料提供:大阪大学大学院工学研究科機械工学専攻 准教授 阪上 隆英 様

赤外線サーモグラフィ製品 購入をご検討中の方へ

カタログやお見積、出張デモのご依頼や各種お問い合わせはこちらから。
お問い合わせ

赤外線サーモグラフィ営業部 TEL.045-287-0303 中部支店 TEL.052-951-2926 西日本支店 TEL.06-6304-7361 福岡営業部 TEL.092-686-1960 お問い合わせ 受付時間 9時~17時(土・日・祝日を除く)

このページの先頭へ

TOP