1. トピードカーの劣化診断

トピードカーの劣化診断

一つ前のページへ戻る

機種構成例と熱画像例

要求事項・対象の特性

  • 複数台固定設置

ソリューションのポイント

  • Ethernetによるコンピュータ接続

活用例

  • トピードカーは溶けた鉄(銑鉄)を運搬するもので、耐火物で表面の鉄皮が保護されている。この耐火物の劣化状況を把握し、的確な補修をする
  • 表面の鉄皮の温度分布をサーモグラフィで測定し、耐火物の状況を把握する。
  • 表面の温度で異常が発見された場合は該当する部分の耐火物を詳細に調査する。
  • 稼動中に熱画像測定を行うため、左右同時に熱画像を撮影し、Ethernetでコンピュータに転送する。そこで画像を保存し履歴管理する。

機器構成例

  • ※同等機種を含みます。
  • TVS-50SC Ethernetモデル

図:トピー度カー

赤外線サーモグラフィ製品 購入をご検討中の方へ

カタログやお見積、出張デモのご依頼や各種お問い合わせはこちらから。
お問い合わせ

赤外線サーモグラフィ営業部 TEL.045-287-0303 中部支店 TEL.052-951-2926 西日本支店 TEL.06-6304-7361 福岡営業部 TEL.092-686-1960 お問い合わせ 受付時間 9時~17時(土・日・祝日を除く)

このページの先頭へ

TOP