1. J-2. 高速搬送ベルト異常温度検出システム

J-2. 高速搬送ベルト異常温度検出システム

概要

本システムは、ベルトコンベアで高速搬送中のコークスやチップの異常発熱を非接触型で検知する監視システムです。温度センサとして赤外カメラを使用し、最高0.1℃の微小な温度差を検知することができます。また、高速で移動する発熱物をリアルタイムに監視しながら、異常温度値をアナログ出力します。表面温度の状態は、赤外線カメラに接続されたモニタでリアルタイムに確認することができます。

ご相談・お問い合わせ・詳細資料請求はこちらから。

お問い合わせ

TEL.03-5436-1371

お問い合わせ 受付時間 9時~17時(土・日・祝日を除く)

図:高速搬送ベルト異常温度検出システム

特長

メリット

ソリューション ご相談・お問い合わせ・詳細資料をご希望の方へ

ご相談・お問い合わせ・詳細資料請求はこちらから。
お問い合わせ

TEL.03-5436-1371 お問い合わせ 受付時間 9時~17時(土・日・祝日を除く)

このページの先頭へ

TOP