1. TH7102MX/WXファームウェアプログラムVer3.5G

TH7102MX/WXファームウェアプログラム

バージョンアップ方法

ソフト名 TH7102MX/WXファームウェアプログラム
Version V3.5G
対応機種 TH7102MX/TH7102WX
ファイル名 th7102mxwx.exe(自己解凍形式)

バージョンアップを行う場合は、次の注意事項を必ず守ってください。これらの注意事項を守らない場合、TH7102MX/WX本体内蔵フラッシュメモリが破壊され正常に起動しなくなる可能性があります。本体が正常に起動しなくなった場合、引取り修理(有償)が必要となります。

注意事項

TH7102MX/WXファームウェアプログラムは、TH7102MX/WX本体専用となっております。
別機種(TH7102MV/WV)へのバージョンアップは絶対に行わないでください。
本体形式の確認方法は、本体底側に貼ってある定格銘板(下図)によりご確認ください。

name_plate

  1. 特別仕様の本体にはバージョンアップを行わないでください。
  2. ファームウェアバージョンアップを行う場合は、必ずACアダプタをご使用ください。
    バージョンアップ中に本体の電源が切れないようにしてください。(バッテリを使用中にバージョンアップは絶対に行わないでください。)
  3. ファームウェアのバージョンアップ中は絶対にコンパクトフラッシュカードを抜かないでください。
  4. 本体に収録済みの熱画像データが必要な場合は、バージョンアップの前にバックアップを行ってください。

必要な機材

  1. フォーマット済みのコンパクトフラッシュカード(容量 4MB以上)
  2. PCカードリーダかコンパクトフラッシュカードリーダ、もしくはPCカードスロットを装備したパーソナルコンピュータ
    (PCカードリーダやPCカードスロットでコンパクトフラッシュカードを使用する場合は、PCカードアダプタが必要となります。)

手順

  1. th7102mxwx.exeを任意のフォルダにダウンロードします。
    ダウンロードが完了したらエクスプローラでフォルダを開きます。
  2. マウスカーソルを "th7102mxwx.exe"上に合わせダブルクリックします。
    現在のフォルダにファームウェアプログラムと更新内容を記述したファイルが解凍されます。
    • ファームウェアプログラム :Th_main.cmp
    • 更新内容ファイル(日本語):ReadmeJPN.txt
    • 更新内容ファイル(英語) :ReadmeENG.txt
  3. 解凍されたファームウェアプログラム(Th_main.cmp)をコンパクトフラッシュカードにコピーします。(コピーする時、ファイル名は変更しないでください。ファイル名が異なるとバージョンアップができません。)
  4. TH7102MX/WX本体の電源がOFFになっていることを確認し(ONになっていたらOFFにします)、ACアダプタを接続します。
    ファームウェアプログラムをコピーしたコンパクトフラッシュカードを本体にセットします。
  5. TH7102MX/WX本体のSELECTキーを押したまま、電源をONにします。(SELECTキーは押したままの状態を維持します)
    ファームウェアのバージョンアップが開始されます。

※注意 ファームウェアのバージョンアップ中は絶対にコンパクトフラッシュカードを抜かないでください。

SELECTキーを押したまま本体の電源をONにしてから約30秒〜60秒後に以下に示す本体初期化画面が表示されます。この画面が表示されたらSELECTキーを離します。(バージョンアップ中は、画面には何も表示されない場合と、以下に示すメッセージ画面が表示される場合があります。以下に示すメッセージ画面が表示された場合は、初期化中画面が表示されるのを待たずにSELECTキーを離します。)

メッセージ画面 メッセージ画面
初期化中画面 初期化中画面
ラン状態画面 ラン状態画面

本体の初期化が完了し、ラン状態の画面になったらファームウェアのバージョンアップは完了です。
本体の電源をOFFにし、コンパクトフラッシュカードを取り外します。
本体の電源をONにし、初期化中画面にてファームウェアバージョンを確認しバージョンアップされたことを確認します。

その他

ダウンロードファイル:th7102mxwx.exe(自己解凍形式)(EXE:436KB)

このページの先頭へ

TOP