サステナビリティ
Sustainability

サステナビリティ基本方針

日本アビオニクスは、サステナビリティを経営の最重要課題のひとつとして認識し、企業活動の全域で一人ひとりがサステナビリティに配慮して
行動して、豊かな持続可能な社会の実現に貢献すると共に、全てのステークホルダーに愛される企業になることを目指します。

重点課題

分類 テーマ SDGs 主な取り組み
最重要課題 ①サステナビリティ貢献製品の提供
  • 顧客の省電力化、効率化に貢献する製品・サービスの提供
  • 世の中の環境配慮型製品のものづくりに貢献する製品・サービスの提供
  • 持続可能社会に貢献する製品・サービスの提供
  • 安全で安心、便利で豊かな社会づくりに貢献する製品・サービスの提供
②人的資本の強化
  • 多様性を持った「主体的かつ自律的」人財の育成、採用
  • ウェルビーイング推進による社員パフォーマンスの最大化
  • DX推進による業務プロセス変革
  • 人権の尊重
重要課題 ③持続可能社会に向けた社内環境改善の加速
  • 温室効果ガス排出量削減(CO2排出量削減)
  • 水、廃棄物、化学物質の使用量・排出量削減
  • 3R(リサイクル、リデュース、リユース)の推進
④コーポレート・ガバナンスの強化
  • リスクマネジメント強化
  • コンプライアンス違反の撲滅
  • BCPの促進
⑤パートナーシップの強化
  • ステークホルダーとのエンゲージメント向上
  • 人権、環境問題に関するサプライチェーンとの連携強化
  • お客さまの満足する製品・サービスの提供
  • 適宜適切な情報開示
課題 ⑥社会・地域貢献 全般
  • サステナビリティ関連プロジェクト協賛
  • 地域のこどもたちへの支援
  • 地域の清掃活動
⑦サステナビリティ啓発
  • 従業員へのサステナビリティ教育・啓発の推進
  • サステナビリティイベントの開催
⑧サステナビリティ情報発信
  • サステナビリティの取り組み等の適宜適切な開示
  • 自社内での情報共有

サステナビリティレポート

日本アビオニクスグループはサステナビリティ重要課題(マテリアリティ)の特定を機に、「サステナビリティレポート」を環境CSRレポートに変わって編集し発行しました。

レポートのダウンロード

横浜内の中学生がわかりやすく防災を学ぶ
「はまっ子プロジェクトに協賛しています。

環境方針・環境行動指針

2010年8月改定

環境方針

日本アビオニクスは地球環境の保全を経営の最重要課題のひとつとして認識し、企業活動の全域で一人ひとりが環境に配慮して行動し、豊かな社会の実現に貢献します。

環境行動指針

日本アビオニクスは、情報システム製品及び電子機器製品、製造装置製品に関わる調達・開発・製造・販売をおこなっていることを考慮して、これらの事業活動から生じる環境への影響を充分に認識して行動し、循環型社会の形成に向け、以下の方針に基づいて環境経営を推進します。

  1. 環境方針を遂行するために、環境目的・目標を設定し、これを定期的に見直し、環境マネジメントシステムの継続的改善を行います。
  2. 当社に適用される法規制、当社が同意するその他の要求事項を順守します。
  3. 開発・設計の段階で環境・安全を考慮した評価を行い、省資源、省エネルギーの環境配慮型製品の提供に努めます。
  4. 化学物質の取り扱いと管理を徹底し、特に有害化学物質の使用の抑制に努めます。
  5. 環境方針および環境保全活動の結果を日本アビオニクスで働く全ての人に周知するとともに、 社外に対しても積極的に公開します。

環境CSRレポート

TOP