1. 発熱者スクリーニング

発熱者スクリーニング

概要

人体の皮膚(体表)温度をリアルタイムに計測し、発熱者をチェック。
発熱者のスクリーニングと、ゲート機構等の制御を連動させることが可能。

Avio 赤外線サーモグラフィーのメリット

非接触で 安心・安全

リアルタイムの体表温計測により、スクリーニングの無人化を実現。
対人接触による感染の危険性を低減できる。

より確かなスクリーニング

体表温の発熱状態を2次元の面分布で可視化。
1点温度計測方式に比べ、広範囲の温度計測を行うため、より確かな体表温スクリーニングが可能。

受付モデル F30IS

抑止力と企業イメージUP

来場者(入場者)へ自身の体表温分布画像を見せる事により、発熱者の入室を留まらせ、自社の高い安全衛生意識を社外へ知らせることにも役立つ。

納入実績

食品加工工場、データセンター、ホテル、医療機関、公共施設や学校、幼稚園、テーマパーク、一般企業などにおいて、安全衛生目的でご使用いただいております。

  

背景

2011年以降日本へ入国する外国人の数は増加の一途で、また2020年にオリンピックが東京で開催されることから、さらに多くの渡航者が見込まれております。空港、公共施設、宿泊施設では感染症(新型インフルエンザ、流行性ウイルス/細菌などのパンデミック)への警戒レベルが上がり、水際での 早期検出や二次感染拡大防止/予防など危機管理対策の強化が重要な鍵となっております。

一方、国内では2018年に厚生労働省が食の安全性を維持する国際基準HACCP( Hazard Analysis and Critical Control Point )に 沿った衛生管理を制度化し、食品だけでなく食品加工・製造に携わる従業員の健康管理や入退室管理(入口ゲート、製造現場、食堂、休憩所 など)が強化され、ノロウイルスなどの感染拡大防止が図られております。

赤外線サーモグラフィカメラは非接触で瞬時にエリアの温度分布を測定し、熱画像として表示することや温度異常を検知して出力することが可能です。そのため、大勢の中から高熱者を選別(スクリーニング)することが可能で、早期発見や早期対応に役立ち、被害の拡大を抑制する手段のひとつとなります。

赤外線サーモグラフィ製品 購入をご検討中の方へ

カタログやお見積、出張デモのご依頼や各種お問い合わせはこちらから。
お問い合わせ

赤外線サーモグラフィ営業部 TEL.045-287-0303 中部支店 TEL.052-951-2926 西日本支店 TEL.06-6304-7361 福岡営業部 TEL.092-686-1960 お問い合わせ 受付時間 9時~17時(土・日・祝日を除く)

このページの先頭へ

TOP