写真:赤外線サーモグラフィカメラ InfReC TS300SW

赤外線サーモグラフィカメラ
InfReC TS300SW

金属測定用インラインモデル

アルミニウムなど金属の温度分布を高精度に計測する
新しいサーモグラフィカメラ誕生!

アルミの温間プレス時の温度管理

アルミ鋳片の温度分布を高精度に計測することで、歩留まり・品質向上を可能にします。

鉄や銅に比べ比重が小さいアルミは各産業から注目されていますが、その特性により加熱炉から温間プレス機に運ばれる過程で急激に温度が下がります。

本製品でプレス直前のアルミの温度分布を正確に測ることにより、歩留まり低下の迅速な原因究明と対策が可能です。また、成型・加工直後の温度を管理することによって、亀裂や反りの原因となる温度ムラを検出し、高い品質管理を実現します。

金型による成型時の温度管理

金型、あるいは金属成形品の温度分布を高精度に計測することで、歩留まり・品質の向上、さらには金型の破損防止に貢献します。

ダイカスト用金型の場合、離型剤や金型表面の酸化によって放射率が上がり、一般的な赤外線サーモグラフィでも一定精度の温度計測が可能ですが、金型全体の正確な温度分布を測定することは困難です。
また、樹脂や複合材料用の金型は放射率が低く、一般的なサーモカメラでは計測出来ないという問題がありました。

本製品は、約150℃以上(*1)の金型であれば、高精度な温度計測が可能となります。さらに、高速シャッターにより、サイクルが早い小型の樹脂用金型もブレずに撮影することができます。

  1. レンズF値#1.4の場合
ロゴ:Infrared Camera 【InfReC】

【InfReC(インフレック)】は「Infrared Camera」(赤外線カメラの意味)を略した造語であり、「赤外線(Infrared)の情報(Information)を記録する装置(Recorder)」と言う意味を併せ持ちます。
温度計測の分野にとどまらず、環境保護や、セキュリティ・発熱者検査など社会の安心・安全に貢献する製品を開発、ご提供しております。

本製品に関するお問い合わせ

Webフォームまたはお電話にて、
お気軽にお問い合わせください。

金属測定用インラインモデル InfReC TS300SW '18/09版カタログをダウンロードする

赤外線サーモグラフィ営業部
TEL : 045-287-0303
中部支店
TEL : 052-951-2926
西日本支店
TEL : 06-6304-7361
福岡営業所
TEL : 092-686-1960

8:30~17:00(土・日・祝日、弊社休業日を除く)

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。

本ページに記載の仕様及び外観は、改善のため予告無しに変更する場合があります。
本ページに記載された会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。
製品の価格は、日本国内の希望小売価格(税別)です。
本製品は外国為替及び外国貿易法の規定により戦略物資等(または役務)に該当しますので、日本国外に輸出する場合には同法に基づき日本国政府の輸出許可が必要です。

TOP