コンクリート橋梁 浮き点検

コンクリート橋梁
浮き点検

~このような場所で使われています~
土木コンサルティング、土木検査会社など

概要

コンクリート橋梁表層の浮き・剥離を高所作業車などを使うことなく遠隔から推定します。 劣化によりコンクリート構造物表層に空気層が生じている箇所(浮き)に日射など外部から熱負荷が加わると、健全部に比べ熱容量が小さい浮き部がより早く温度変化が起こります。
この健全部と浮きの部分で温度差が生じている状態を赤外線サーモグラフィで撮影することにより、遠隔から浮き部を推測することが可能となります。
但し、浮き部と健全部の温度が均衡している状態で撮影すると、温度差が無く、赤外線サーモグラフィで浮きを検知することは困難となるので注意が必要です。

浮き部深さと温度差の現れ方の例、熱負荷が掛かっている状態、熱負荷が掛からなくなった後:概要

推奨機種

Avio赤外線サーモグラフィR550S/R450S採用のメリット

  • 測定シチュエーションを選ばないマルチアングル設計(床板撮影時に威力を発揮!)
マルチアングル計測
  • 豊富なオプションレンズと超解像モードで撮影で細かな浮きも撮影
  •  R550S:【標準】640(H)×480(V)画素、【超解像】1280(H) ×960(V)画素
          オプションレンズ:2倍望遠レンズ、2倍視野拡大レンズ、3倍視野拡大レンズ

     R450S:【標準】480(H)×360(V)画素、【超解像】960(H) ×720(V)画素
          オプションレンズ:2倍望遠レンズ、2倍視野拡大レンズ

  • 国内メーカーならではの国内フルサポート

事例

張出床板

張出床板

高欄

高欄

主桁

主桁

床板

床板

擁壁

擁壁

赤外線サーモグラフィ製品 購入をご検討中の方へ

カタログやお見積、出張デモのご依頼や各種お問い合わせはこちらから。

赤外線サーモグラフィ営業部
TEL : 045-287-0303
中部支店
TEL : 052-951-2926
西日本支店
TEL : 06-6304-7361
福岡営業所
TEL : 092-686-1960

8:30~17:00(土・日・祝日、弊社休業日を除く)

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。

本ページに記載の仕様及び外観は、改善のため予告無しに変更する場合があります。
本ページに記載された会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。
製品の価格は、日本国内の希望小売価格(税別)です。
本製品は外国為替および外国貿易法の規制により「リスト規制品」に該当します。日本国外に持ち出す際には、日本国政府の輸出許可等、必要な手続きをお取りください。
リスト規制品以外の製品は「キャッチオール規制対象品」となります。グループA(経済産業省:輸出貿易管理令別表第3)以外への輸出の場合には、(使途・販売先により)日本国の許可が必要となる場合があります。
本製品により撮影された、特定の個人を識別できる画像データは"個人情報"に該当します。お客様による個人情報の取得・利用に関しましては、当社は一切の責任を負いません。

TOP