体表温で視る!発熱者スクリーニング

体表温で視る!
発熱者スクリーニング

~このような場所での使用に最適です~
食品加工工場、データセンター、空港、ホテル等

スクリーニング専用 赤外線サーモグラフィカメラ特設サイト

概要

人体の皮膚(体表)温度をリアルタイムに計測し、発熱者をチェックします。
発熱者のスクリーニングと、ゲート機構等の制御を連動させることが可能です。

Avio 赤外線サーモグラフィーのメリット

非接触で 安心・安全

リアルタイムの体表温計測により、スクリーニングの無人化を実現します。
対人接触による感染の危険性を低減できます。

より確かなスクリーニング

体表温の発熱状態を2次元の面分布で可視化します。
1点温度計測方式に比べ、広範囲の温度計測を行うため、より確かな体表温スクリーニングが可能です。

抑止力と企業イメージUP

来場者(入場者)へ自身の体表温分布画像を見せる事により、発熱者の入室を留まらせ、自社の高い安全衛生意識を社外へ知らせることにも役立ちます。

納入実績

食品加工工場、データセンター、ホテル、医療機関、公共施設や学校、幼稚園、テーマパーク、一般企業などにおいて、安全衛生目的でご使用いただいております。

背景

2011年以降日本へ入国する外国人の数は増加の一途で、また近年国内では大規模な国際競技大会が開催されることから、さらに渡航者は増加すると見込まれております。空港、公共施設、宿泊施設では感染症(新型インフルエンザ、流行性新型ウイルス/細菌など)のパンデミック化への警戒レベルが上がり、水際での 早期検出や二次感染拡大抑制など危機管理対策の強化が重要な鍵となっております。

一方、国内では2018年に厚生労働省が食の安全性を維持する国際基準HACCP( Hazard Analysis and Critical Control Point )に 沿った衛生管理を制度化し、食品だけでなく食品加工・製造に携わる従業員の健康管理や入退室管理(入口ゲート、製造現場、食堂、休憩所 など)が強化され、ノロウイルスなどの感染拡大防止が図られております。

赤外線サーモグラフィカメラは非接触で瞬時にエリアの温度分布を測定し、熱画像として表示することや温度異常を検知して出力することが可能です。そのため、大勢の中から高熱者を選別(スクリーニング)することが可能で、早期発見や早期対応に役立ち、被害の拡大を抑制する手段のひとつとなります。

参考データ

指定年 指定感染症名
2003年 重症急性呼吸器症候群(SARS)**
2006年 鳥インフルエンザ(H5N1)**
2013年 鳥インフルエンザ(H7N9)**
2014年 中東呼吸器症候群(MERS)**
2020年 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)

* 国立感染症研究所(https://www.niid.go.jp/niid/ja/ydata/9006-report-ja2018-40.html)をもとに当社作成
** 2020年3月時点 2類感染症。 最新の感染症分類状況は厚生労働省HPをご覧ください

運用例

受付設置

来訪者や出社時の社員の発熱発症を、受付で素早く見つける事が可能です。

受付設置

入口ゲート・入室ドア前設置

ゲートや自動ドアと連動させた運用が可能です。
アラーム情報をLANにて管理事務所、警備室に伝えます。

入口ゲート・入室ドア前設置

注意事項

  • 本装置で測定されるのは、「体の表面温度(体表温)」であり一般的な体温計で測られる「体温」の値とは異なります。
  • 本製品は人体がウィルスに感染しているかどうか判別する機器ではありません。
  • 体表温は計測時や計測前の環境条件、被測定者の状態等により変動いたします。
  • 本装置によるスクリーニングで発熱の疑いが出た場合は、体温計での再検温をお勧めします。
  • 発熱が確認された場合、別途医師による診察が必要になる場合があります。
  • 本装置は、薬事認証を取得した医療機器ではありません。
  • 本装置を用いた診断などの医療行為にはご利用頂けません。

赤外線サーモグラフィ製品 購入をご検討中の方へ

カタログやお見積、出張デモのご依頼や各種お問い合わせはこちらから。

赤外線サーモグラフィ営業部
TEL : 045-287-0303
中部支店
TEL : 052-951-2926
西日本支店
TEL : 06-6304-7361
福岡営業所
TEL : 092-686-1960

8:30~17:00(土・日・祝日、弊社休業日を除く)

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。

本ページに記載の仕様及び外観は、改善のため予告無しに変更する場合があります。
本ページに記載された会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。
製品の価格は、日本国内の希望小売価格(税別)です。
本製品は外国為替および外国貿易法の規制により「リスト規制品」に該当します。日本国外に持ち出す際には、日本国政府の輸出許可等、必要な手続きをお取りください。
リスト規制品以外の製品は「キャッチオール規制対象品」となります。グループA(経済産業省:輸出貿易管理令別表第3)以外への輸出の場合には、(使途・販売先により)日本国の許可が必要となる場合があります。
本製品により撮影された、特定の個人を識別できる画像データは“個人情報”に該当します。お客様による個人情報の取得・利用に関しましては、当社は一切の責任を負いません。

TOP