電池のタブ溶接

抵抗溶接接合の特長

  • 極性切替機能によりペルチェ効果を抑制するので、左右の溶接痕は均等な接合強度が得られます。
  • プリ通電機能によりスパークを抑制し、安定した溶接品質が得られます。
電池タブ溶接
写真:電池タブ溶接
極性切替機能
図:極性切替機能
(極性機能無し)
写真:(極性機能無し)
(極性機能有り)
写真:(極性機能有り)

接合 電池端子とタブの接合

電池端子とタブをシリーズ溶接をします。複数の電池をタブでつなげて組み電池にします。

紹介ビデオ

本ムービーには音声が含まれていますので、音量にご注意ください。

技術資料ダウンロード

接合技術の原理や基礎を詳しく説明した資料のダウンロードを行えます。

サンプル実験お申し込み

性能評価やご導入時の機種選定のため、実際の装置を使ってサンプル実験を行える実験室をご用意しています。
また、サンプルをお預かりして弊社で実験を行いご返送することも可能です。
サンプル実験をご希望の方は、お申し込みページよりお気軽にお申し込みください。

製品に関するお問い合わせ

製品に関するお問い合わせはこちら

(接合実験・技術ご相談)

TOP