シーム溶接機の原理

シーム溶接機は電子部品などを入れたケース(パッケージ)にフタ(リッド)をして、缶詰をつくるものです。目的は食品の缶詰と同じです。パッケージ内の部品を外気から遮断し、長い間安定して動作させることを目的としています。これを気密封止と言います。
また、この中に入る電子部品には水晶デバイス、MEMS(メムス)、センサ、光素子などがあります。
シーム溶接も抵抗溶接と同様に圧力と電気でパッケージとリッドを溶接します。

シーム溶接機の原理紹介ムービー

本ムービーには音声が含まれていますので、音量にご注意ください

製品に関するお問い合わせ

製品に関するお問い合わせはこちら

(接合実験・技術ご相談)

TOP