レーザ接合装置の原理

レーザ接合装置はレーザ光により金属の溶接、はんだ付け、樹脂の溶着などを行うものです。
レーザー光は電球の光のように散乱すること無く、光の方向が平行で同じ方向を向いているのでエネルギー密度が高いのが特長です。更にレンズにより平行光を一点に絞ることにより高エネルギーを得ることができます。このエネルギーを利用して接合を行います。

レーザ接合装置の基本構成

レーザ発振器が発振したレーザ光を光ファイバで離れた場所に導光し、レンズで微細な一点に集光して加工を行います。

レーザ接合の工法

レーザ光により金属の溶接、はんだ付け、樹脂の溶着を行います。

レーザ接合装置の原理紹介ムービー

本ムービーには音声が含まれていますので、音量にご注意ください

製品に関するお問い合わせ

製品に関するお問い合わせはこちら

(接合実験・技術ご相談)

TOP