角型リチウムイオン電池の接合

接合の特長

接合の特長

(1)箔と電極の抵抗溶接

  • 陽極(+):アルミ箔とアルミの電極タブを抵抗溶接します。
  • 陰極(-):銅箔に銅の電極タブを抵抗溶接します。
  • 推奨機種:ハイブリッド式溶接電源 NRW-PS300

(2)キャップと電極のレーザ溶接

  • 陽極(+):アルミの電極タブをアルミのフタ(キャップ)にレーザ溶接します。
  • 陰極(-):銅の電極タブをアルミのフタ(キャップ)にレーザ溶接します。
  • 推奨機種:YAGレーザ溶接機 LW-Y20、LW-Y50

(3)キャップとケースの全周レーザ溶接

  • アルミのフタ(キャップ)とアルミのケースを全周(封止)レーザ溶接します。
  • 推奨機種:ファイバレーザ溶接機 LW-F1000

(4)箔の積層抵抗溶接

  • 銅、アルミの箔を積層させ抵抗溶接します。
    写真は銅箔の40層の事例です。
  • 推奨機種:インバータ式溶接電源 NRW-IN8400

紹介ビデオ

本ムービーには音声はありません。

技術資料ダウンロード

接合技術の原理や基礎を詳しく説明した資料のダウンロードを行えます。

サンプル実験お申し込み

性能評価やご導入時の機種選定のため、実際の装置を使ってサンプル実験を行える実験室をご用意しています。
また、サンプルをお預かりして弊社で実験を行いご返送することも可能です。
サンプル実験をご希望の方は、お申し込みページよりお気軽にお申し込みください。

製品に関するお問い合わせ

製品に関するお問い合わせはこちら

(接合実験・技術ご相談)

TOP