キャンシール(レーザダイオードの気密封止)

キャンシール接合の特長

キャンシールは金属のキャップとステムを上下の電極で挟み込み1度の通電で全周を気密封止します。大きな加圧と溶接電流を必要とします。また、溶接電流を集中するためにはプロジェクション(突起)を設ける必要があります。

キャンシール:LD/LED気密封止
写真:キャンシール:LD/LED気密封止
図:キャンシール:LD/LED気密封止

LD/LED/赤外線素子の気密封止

LDやLED、赤外線素子などをダイボンディグされたステムにキャップを全周溶接し気密封止(キャンシール)します。

紹介ビデオ

本ムービーには音声が含まれていますので、音量にご注意ください。

対応機種

技術資料ダウンロード

接合技術の原理や基礎を詳しく説明した資料のダウンロードを行えます。

サンプル実験お申し込み

性能評価やご導入時の機種選定のため、実際の装置を使ってサンプル実験を行える実験室をご用意しています。
また、サンプルをお預かりして弊社で実験を行いご返送することも可能です。
サンプル実験をご希望の方は、お申し込みページよりお気軽にお申し込みください。

製品に関するお問い合わせ

製品に関するお問い合わせはこちら

(接合実験・技術ご相談)

TOP