レーザ接合装置の基本構成

レーザ接合装置とは

  • 微細な部品や加圧困難な対象物の非接触接合を実現
  • 電気伝導の高い材料の接合を可能に

レーザ光は電球の光のように散乱すること無く、光の方向が平行で同じ方向を向いているのでエネルギー密度が高い点が特長です。さらに、レンズで平行光を一点に絞ることにより、高エネルギーを得ることができます。

レーザ接合装置では、このエネルギーを利用して金属溶接やはんだ付け、樹脂溶着などの接合を行います。

  • レーザ(LASER)とは:放射の誘導放出による光の増幅 Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation
    1960年に、米国ヒューズ研究所のメイマンにより初めて発振されました。
  • レーザ光とは:レーザ発振器を用いて人工的に作られる、方向、位相、波長が揃った光

レーザ接合装置の基本構成

レーザ発振器が発振したレーザ光を光ファイバで離れた場所に導光し、レンズで微細な一点に集光して加工を行います。

レーザ接合装置の基本構成

レーザ発振器の構造

レーザ発振器の構造
  • 励起源:レーザ媒質にエネルギーを供給します。光や、放電などが用いられます。
  • レーザ媒質:励起源からのエネルギーにより励起され、光を放出します。
            レーザ媒質には気体、固体などさまざまな媒質があります。
  • 反射ミラー:レーザ媒質が放出した光を増幅させ、部分反射ミラーからレーザ光を出力します。

製品に関するお問い合わせ

製品に関するお問い合わせはこちら

(接合実験・技術ご相談)

TOP