画像:赤外線サーモグラフィカメラ InfReC F50シリーズ (Thermo FLEX)

赤外線サーモグラフィカメラ
InfReC Thermo FLEX F50

現場診断用スタンダードモデル

世界初*カメラヘッド脱着型サーモグラフィ誕生!
測定作業を革新させるアングルフリーを実現
*2017年8月現在 当社調べ

Thermo FLEX F50 スペシャルサイト
キャンペーン情報
YouTube 日本アビオニクス公式ページ

温度スケールの設定を効率化する「オートポイント」

温度スケールの設定・調整は、サーモグラフィ操作において初心者が最も苦労する操作でした。
新機能 「オートポイント」機能は、タッチ操作で温度スケールの上限・ 下限となるポイントを指定することで、誰でも簡単に温度スケールの調整が行えます。
また、温度変化に応じてスケールの上限値だけを自動で調整する「オートマキシマム」機能も搭載しています。

画像:オートポイント「ON」

オートポイント「ON」

画像:温度スケールの上限と下限に設定したいポイントを指定

温度スケールの上限と下限に設定したいポイントを指定

画像:ポイントの位置で最適設定

ポイントの位置で最適設定

屋外でもオートスケールが最適に動作「スカイオフ」(特許出願中)

しきい値以上/以下の温度値を無視して、オートスケールの上限・下限値を決めることができます。例えば、「5℃以下を無視する」という設定をすると、空や雲を無視して温度スケールを設定することができます。
屋外での温度スケール設定では、空や雲の温度に自動設定が引っ張られてしまい、正確な計測ができないことが課題となっています。「スカイオフ」機能がこの課題を解決します。

  • オートスケール:上限値・下限値を同時に最適化する機能(従来機種)
画像:スカイオフ

画像:スカイオフ OFF

スカイオフ OFF

画像:スカイオフ ON

スカイオフ ON

撮りにくい環境で活躍する「連写」

画像:シャッターボタン長押しで連写
シャッターボタン長押しで連写

撮影アングルが厳しい場所の測定や不安定なポジションでも、「連写」機能を使ってサッと撮って、その場を離れた後に複数枚の画像の中からベストな1枚を選択することができます。
画像は7.5Hzで連写記録され、一度に最長10秒間の画像データをSDカードに保存できます。
(オンライン/スタンダードモデルのみ)

90°単位で画像の向きを回転できる「画像回転」

画像:表示を180°回転
表示を180°回転

さまざまなアングルで測定できるからこそ、カメラの向きによって回転してしまう画像の向きをすぐに修正できる、90°ごとの「画像回転」機能を搭載しました。
配管の裏や狭い場所にカメラを回り込ませて測定するときは、無理な体勢をとることなく、画面を回転させて確認しながら正確に測ることができます。

視認性を上げる「可視画像合成表示」

画像:「可視画像合成表示」機能

スライドゲージで熱画像と可視画像の透過合成比率を調整することや、着目したい箇所のみ熱画像の合成範囲を自在にトリミングすることが可能です。

多彩な「アラーム」

画像:「アラーム」機能

温度がしきい値を超えると、音声とメッセージでお知らせします。さらに、特定の温度範囲を強調表示する色アラームも搭載しています。

新機能「温度トレンドグラフ」で、PCがなくてもトレンドグラフを自動作成可能

画像:トレンドグラフ
  • 時系列での温度変化を記録する「温度トレンドグラフ機能」を搭載。PCに接続せずに、コントローラで温度変化を確認できるため、解析作業を大幅に効率化できます。
  • 作成したグラフはCSV形式で保存できるため、PCへ転送してExcelなどでトレンドグラフを即再現できます。
    (オンライン/スタンダードモデルのみ)
  • 任意の直線上の温度勾配をグラフ化する「ラインプロファイル機能」も搭載しています。
  • Microsoft、Windows、Word、Excel は米国および他国におけるMicrosoft社の登録商標です。

画像:トレンドグラフ

トレンドグラフ

画像:ラインプロファイル

ラインプロファイル

PCに接続してリアルタイム転送・解析が可能

USB2.0により、PCへ最大7.5Hzで熱画像と可視画像を同時転送します。温度データ付き動画ファイル(SVX)または温度データ付き静止画ファイル(JPEG)をPCに保存することができます。

オプションソフトウェア「InfReC Analyzer NS9500 Professional」によるオンライン解析も可能です。(オンラインモデルのみ)

画像:PCに接続してリアルタイム転送・解析が可能

画像:NS9500PRO

ロゴ:Infrared Camera 【InfReC】

【InfReC(インフレック)】は「Infrared Camera」(赤外線カメラの意味)を略した造語であり、「赤外線(Infrared)の情報(Information)を記録する装置(Recorder)」と言う意味を併せ持ちます。
温度計測の分野にとどまらず、環境保護や、セキュリティ・発熱者検査など社会の安心・安全に貢献する製品を開発、ご提供しております。

本製品に関するお問い合わせ

Webフォームまたはお電話にて、
お気軽にお問い合わせください。

赤外線サーモグラフィカメラ InfReC F50シリーズ (Thermo FLEX)ダイジェストカタログをダウンロードする

高機能オンライン解析プログラム InfReC Analyzer NS9500 for F50

高機能オンライン解析プログラム InfReC Analyzer ns9500 for F50 カタログ

赤外線サーモグラフィ営業部
TEL : 045-287-0303
中部支店
TEL : 052-951-2926
西日本支店
TEL : 06-6304-7361
福岡営業所
TEL : 092-686-1960

8:30~17:00(土・日・祝日、弊社休業日を除く)

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。

本ページに記載の仕様及び外観は、改善のため予告無しに変更する場合があります。
本ページに記載された会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。
製品の価格は、日本国内の希望小売価格(税別)です。
本製品は、米国政府の輸出規則の規制対象部品を使用しておりますので、使用する国から再輸出する場合には同規則の規制が適用されます。(米国政府による特定の個人・団体・国への取引の制限や、取引履歴の保管義務(5年間)など)また、国内取引・輸出のいずれの場合でも、使用者の業種、使用目的、仕向地によっては同規則に基づき 米国政府の許可が必要となる場合がございます。(米国商務省規制EAR第744項・最終需要者、最終用途の規制:①需要者が軍またはそれに準じる政府機関 ② 武器の開発・製造・組込みなど軍事向け用途での使用を意図している需要者, 上記①または②向けにあたる取引の場合は米国政府の事前許可が必要になります。以下の政府機関で導入のご予定がある場合は当社までご連絡ください。防衛省・自衛隊・警察庁・海上保安庁)
本製品は、外国為替及び外国貿易法の規定により、キャッチオール規制貨物等に該当します。日本国外に輸出する場合は仕向け地および使用者の業種、使用目的によっては日本国政府の輸出許可が必要です。

TOP