樹脂と金属の異種材接合

加工方法:パルスヒート可熱接合

接着材を使わずに熱可塑性CFRP(CRRTP)とアルミニウム合金などの異種材を直接接合

写真:パルスヒートユニットによる接合イメージ
図1 パルスヒートユニットによる
接合イメージ

近年、軽量化を目指して様々な分野で樹脂と金属を併用したマルチマテリアル化が進んでいます。現在アルミ合金と銅などの異なる金属の接合や樹脂と金属の接合の研究が行われていますが、その中でも加工のしやすい熱可塑性炭素繊維強化樹脂(CFRTP)と金属の接合が注目されています。

しかしながら、接着剤による接着接合やボルト等で締結する機械的な接合が主流であり、薬剤の管理や、生産性の課題があります。
当社ではその課題を解決すべく、CFRTPとアルミニウム合金や鋼板などの金属を直接接合できる技術を開発しました。

本接合は、当社が考案した表面処理をCFRTPとアルミニウム合金に行い、パルスヒート工法で加熱、加圧し直接接合を行います(図1)。
およそ5mm×20mmのエリアを直接接合し、引張剪断強度30MPa以上の接合強度を得ることが可能です。

また、当社で考案した表面処理は、機械的および化学的結合の両方の作用を付与した薬品等を使用しないドライプロセスであり、接合エリアを選択的に表面処理することができるため、接合対象外のエリアへの影響を最小限にします。

本技術で異種材接合を行うことにより、製品の小型化・軽量化だけでなく、環境への負荷軽減、接着剤管理の廃止、部品数低減、製造工程の短縮などにも貢献することができます。

*接合時、接合物に前処理が必要です。詳細はお問い合わせください。

対象製品:小型情報機器 小型型精密部品

樹脂と金属の接合例

写真:CFRTP×A5052
CFRTP×A5052
写真:CFRTP×SECC
CFRTP×SECC
写真:LCP×C2600
LCP×C2600
写真:LCP×C5191
LCP×C5191
写真:PBT×GF30P
PBT×GF30P
写真:PCABS×A231
PCABS×A231
写真:PFA×TP270
PFA×TP270
写真:PPS×GF30P
PPS×GF30P

*接合実験をご希望の方は、下段の「サンプル実験のお申込み」でご連絡ください。

紹介ビデオ

本ムービーには音声が含まれていますので、音量にご注意ください

サンプル実験お申込み

サンプル実験を行える実験室をご用意しています。
お気軽にお申し込みください。

最適接合ソリューションをご提案します。

お気軽にお問い合わせください。

045-930-3595

接合機器営業部

8:30〜17:00(土日・祝日・弊社休業日を除く)

TOP