超音波溶着の原理

超音波溶着とは、プラスチック樹脂(熱可塑性樹脂)に荷重を加えながら、超音波振動を伝達し、接合部を溶融させ接合する加工方法です。
超音波発振機とウェルダ本体(プレス装置)から構成されています。
超音波溶着の特長として、溶着時間が1秒前後の短時間接合であること、局所溶着で熱ダメージが少ない、接着材や溶剤を使用せずに気密溶着が可能など様々な利点があります。

超音波溶着機(超音波ウェルダ)の基本構成と役割

接合物に超音波振動と荷重を与えることにより境界面に発生する熱を利用して溶着します。

リブ形状とホーンのローレット加工

超音波溶着の際は、リブ(突起)を設けることが一般的です。薄物などリブを設置できない場合は、ホーンにローレット加工を施すこともあります。

製品に関するお問い合わせ

製品に関するお問い合わせはこちら

(接合実験・技術ご相談)

TOP