パルスヒートユニットの原理

パルスヒートとは、ヒータチップ/ヒータツールと呼ばれる金属製の加熱体に電流を流し、抵抗発熱を利用して、熱と加圧で瞬間的に、はんだ付け、熱圧着、樹脂溶着を行う当社独自の工法です。

パルスヒートユニットの基本構成と役割

接合物を押さえて圧力を加えながら電気を流し、抵抗発熱で加熱します。

基本的な工程フロー

  1. ヒータチップ・ヒータツール(図1参照)を対象ワークに押し当てて加圧します。
  2. 加圧したままヒータチップ・ヒータツールに電流を流し常温から任意の設定温度に昇温させます。
  3. 設定した時間加圧と加熱を保持します。
  4. 設定した時間が経過したら通電を終了し、設定温度まで冷却したら加圧を解除します。
  5. ヒータチップ・ヒータツールは常温に戻ります。(図2参照)
図1 パルスヒートによる接合モデル
図1 パルスヒートによる接合モデル
図2 温度プロファイル
図2 温度プロファイル

パルスヒートの特長

温度のコントロールはヒータチップ/ヒータツールの温度をフィードバックして、設定した温度プロファイルを忠実に再現します。

  • 温度の立上がりが速く、温度の再現性がよい。
  • プリ・メインヒートなど温度プロファイルが容易に実現できる。
  • 局部加熱のため、周囲への熱影響が小さい。
  • 押さえつけたまま冷却させるため、浮きよる未接続がない。
  • 作業者の熟練度に左右されない。

パルスヒートユニットの原理紹介ムービー

本ムービーには音声が含まれていますので、音量にご注意ください

パルスヒートの原理

技術資料ダウンロード

接合技術の原理や基礎を詳しく説明した資料のダウンロードを行えます。

サンプル実験お申し込み

性能評価やご導入時の機種選定のため、実際の装置を使ってサンプル実験を行える実験室をご用意しています。
また、サンプルをお預かりして弊社で実験を行いご返送することも可能です。
サンプル実験をご希望の方は、お申し込みページよりお気軽にお申し込みください。

製品に関するお問い合わせ

製品に関するお問い合わせはこちら

(接合実験・技術ご相談)

TOP